フリーアナウンサーの内藤聡子さんが、レーシングドライバーと不倫していたという芸能ニュースがありましたね。
それに関して、作家の岩井志麻子さんがみそぎとして自分の息子と結婚しなさいと言っていました。
なかなかおもしろい意見だなあと思いました。
下ネタが多くなるかもしれませんが、岩井志麻子さんが姑であれば、毎日楽しい会話が弾みそうです。

一方、新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさんは、なかなか重いコメントをされていました。
もしも今後、内藤さんが今後歩む人生は奥さんと息子さんを苦しめた上に成り立っている未来だというようなことを仰っていました。
確かにそうだと思いました。

不倫をして自分の奥さんや子供、だんなさんを苦しめたことがある人には、ズキッとくる言葉だと思います。
人の心を踏みにじった先にある未来に完璧な幸せはないのかもしれないと思います。
やっぱり、そういう人は岩井志麻子さんがいうように禊が必要なのかもしれないですね。

何をしたら禊になるのか私には到底想像がつきませんが、未来の自分の人生をも不倫は苦しめるんですね。脱毛ラボ スピードコース